アグリ・プランLINEボタン
アレッツォの郊外の街にあるラファエラ家。お母さんは専業主婦暦40年のベテラン主婦。お料理の腕前はプロ並み。お母さんの作るお料理は天下一品の美味しさです。
お父さんはイタリア国鉄で駅長さんをされていました。自宅の敷地内で野菜や果物を大事に育てています。お父さんはこだわりの人。野菜は苗からではなく、すべて種から自分自身で育てています。そんなとても仲良しのお二人のあたたかい家庭の雰囲気そのままのラファエラ家で、イタリアマンマの味を極めたりイタリア発祥のデコパージュをお母さんに教えてもらいませんか?
ご到着・ご出発の際の送迎があるので安心(ご到着の際には、日本人アシスタントが同行します)。近くには人気の小都市が点在していますので、ドライブツアーアレンジも可能です。
アグリとはまた一味違ったファミリーステイで、イタリア人家庭の温かさに触れてください!
お泊まりになられたお客様の感想はこちら 

ファミリーステイチェック!!

食事が美味しい ◆◆◆◆◆ 駅からの送迎 お料理教室(コース別)
お部屋が素敵 ◆◆◆◆ ワインセラー見学(コース別) デコパージュレッスン(コース別)
眺めが素敵 ◆◆◆◆ 日本人アシスタントあり お一人様参加可能
アクセス ◆◆◆ 小都市観光に便利!

ラファエラ家の様子をここで紹介

やさしいマリオお父さんとラファエラお母さん お庭も素敵です

入り口は母屋とは別。二世帯住宅形式です。
お部屋は2階部分。2DKで50u、リビング・寝室・
キッチン・バスルーム(シャワーのみ)があります。
キッチン付き。お湯を分かしたり、簡単な料理が可能です。
飲料水、調味料(胡椒、塩、唐辛子、オリーブオイル、マリオの酢、砂糖)紅茶、エスプレッソマシーンをご用意しています。右に見えている白い箱状のエスプレッソマシーンは最近、設置!カプセル式で、とてもおいしいエスプレッソコーヒーが簡単に出来上がります! 暖炉の上には、ラファエラが描いたステンシル画です。
テレビも液晶薄型に!
こちらが寝室。ラファエラとマリオが壁塗りしたお部屋です。ベットは、離すことができますので、ツインルームにもなります。エクストラベッドを入れると、3名様までご宿泊頂けます。照明は、ラファエラがアレッツォの骨董市で買った、クリスタルガラスの電笠です。
バスルームをリニューアルしました!
バスタオル・フェイスタオル・ドライヤーはご用意してます。

ラファエラお母さんのお料理教室 
まずはお料理教室の前に、お庭に自家製の野菜や
ハーブを収穫に行きます。
次々に美味しそうなお料理が出来上がっていきます。
お料理教室の詳しい模様はブログ「イタリアひとり・・・」をご覧下さい

ラファエラマンマのデコパージュ作品
デコパージュの詳しい説明は、こちらをご覧下さい → 


ラファエラ家へはどうやって行くの?

最寄り駅:アレッツォ駅

ローマからICで90分
フィレンツェからICで40分

トスカーナの小都市アレッツオは歴史豊かな街です。
コルトーナやシエナにアクセスが便利。
ダビンチやミケランジエロの足跡が多く残ってます。

アレッツォは、ロベルトベニーニの代表作「LA VITA E BELLA」の舞台となった街としても有名です。
街のあちこちに、ロケ地となったことを示す看板が掛かっています。
アレッツォに行かれる前に、ぜひ映画もチェックしてみてください

     

↑TOPへ

モデルプラン   1名様でのご参加のご相談もお受けいたします。料金等まずはお問い合わせ下さい

3泊4日モデルプラン(プランAもしくはBをお選び下さい)
A:お料理教室プラン B:デコパージュ教室プラン(※Bは2名様からの催行となります)

アレッツオ駅→日本人アシスタントと送迎車がお迎え
ウエルカム・ディナー
朝食

A:お料理教室プラン
  アレッツオ市内自由散策
  ワイナリー見学
  16:00 料理レッスン
  19:00 ディナー


B:デコパージュ教室プラン
  日本人ガイド同行でアレッツオ市内見学しながら
  デコパージュの素材探し
  ランチフリー
  14時からデコパージュレッスン
  (初日は日本人通訳同行)
  17時半頃終了
  19時ディナー


A:アレッツォ駅に集合(バスもしくはお父さんの車で送迎)
  ※お父さんの車で送迎の場合には、追加料金がかかります

  アシスタントと共にローカル線にて、カゼンティーノへ

  ◆「羊飼いの牧場」にて牧場とチーズ作り見学
    数種のチーズ試食   詳細はこちら

  終了後アレッツォ駅まで移動後解散
  (バスもしくはお父さんの車でラファエラ家まで移動)
  ※お父さんの車で送迎の場合には、追加料金がかかります
 
 20:00 ディナー



B:デコパージュ教室プラン デコパージュとは?
 午前中自由行動
 ランチフリー
 14時からデコパージュレッスン
 17時半頃終了
 19時ディナー

朝食後アレッツオ駅まで送り(オーナーが車でお送りします)

●ラファエラ家のファミリーステイは、アグリツーリズモの滞在とは形態が異なります。
ファミリーがお住まいの2階部分にご滞在頂く形になり、ホームステイ形式とはなりますが、プライベート空間は確保されておりますのでおくつろぎいただけます。
●ラファエラ家の滞在プランは、A・Bがございますので、お申し込みの際に予めお決め下さい。ただし、デコパージュレッスンは、2名様からの催行となりますので、お一人様でのご宿泊は不可能な場合がございます。予めご了承下さい。

●アメニティはドライヤー、ボディシャンプー、シャンプー、リンス、バスタオル、フェイスタオルがございますが、洗顔石鹸、シャンプー、リンスは日本から使い馴じみのを持参した方が安心です。

↑TOPへ


オプションプラン「羊飼い牧場チーズ作り見学とライトランチ」

2011年後半から始まったこちらのプランは、今までお料理のプロの方にもご参加頂き、ご好評頂いております!
アレッツォからローカル線で1時間程の、カゼンティーノにある羊飼い牧場
こんな美しい風景が広がります

こちらでは、羊飼いは母羊を50頭ずつ
@妊娠期の母羊ヒツジ
A出産後、子供を育てている母羊ヒツジ
B(子羊が売られ)搾乳専門になっている母羊ヒツジ
の3班に分け、4ヶ月サイクルで廻していますので
一日のミルクの量は少ないとしても、1年中絶え間なく、チーズ造りをしています
こちらが羊飼いのジュセッぺさん!天然の撹拌棒でチーズを作ります
出来あがったのは、ペコリーノチーズとリコッタチーズ 
 
羊以外にも、キアナ牛やヤギ、アヒルや犬など、沢山の動物が居ます  
 食肉の加工もしていますので、豚や牛の解体した肉から、ソーセージやハム等を仕込む様子の見学も可能
(毎週水曜日に加工作業が行われます)


こちらで生産、加工されたものをライトランチとしてお召し上がり頂きます
アシスタントが同行するので、安心してご参加頂けます

なお、こちらの生産物のチーズやハムはご購入頂くことが可能です
真空パックの設備もございます

チーズ作りは早朝に行われたり、時期が限られていてなかなか見学
することが難しいチーズ作り!
ぜひこちらのプランでご体験下さい

デコパージュってなに?

17世紀にイタリア・ベニスの家具職人が日本の漆工芸をまねて作ったのが始まり。デコパージュとはフランス語で、
「切り抜く、切り裂く」などという意味です。
紙に描かれた模様や絵の切り抜きを貼って物の表面を飾り、コーティング剤を塗り重ねていく工芸です。
18世紀中頃、ヨーロッパで広まり、フランス上流階級の婦人の間で流行しました。
20世紀に入ってからは、アメリカで男女に関係なく手軽に楽しめるホビーとして大流行し、日本でも人気が出てきました。

では、ここでデコパージュの作り方をご案内します!
デコパージュの素材(木製、ガラス、陶器、ホーロー、アンティック家具)
お好みの素材を選べます。
下地を作ります。fondo gesso acrilicoをpennelloで全体に塗ります。
一回乾いたら、もう一度。(合計2回)
左が下地を塗ったもの、右は素材そのもの
表面が滑らかになるように紙やすりをかけます
沢山あるペーパーから、飾る模様を選択します。
題材を決めたらはさみで切り込みます。
出来上がるイメージを想像しながら、素材に紙をあわせて見ます。
土台の色を決めます。
今回は秋のイメージで題材が葡萄と暗いので、土台は明るい色が映えるとのこと。
土台の色は、アイボリー系にしました。塗りこみます。
土台が乾いたら、紙にのりを塗ります。
端までしっかりと薄く塗ります。
真ん中から空気を抜くように、指一本で貼ります
※写真にはありませんがここで、プロテクション剤を全体に塗ります。
古い感じを出したいので、bitumeを塗ります。
古い筆で、少しずつ一定方向に。
光沢を出す為に、コーティング剤を塗ります。
出来上がった作品です。今回初めての初心者が作りました。
素敵でしょう?

ぜひみなさんも、素敵さ作品を作ってください!



ラファエラ家ご在お客様の声

 風車のアグリツーリズモとラファエラ家 日帰りお料理教室  
組澤様

昨日、ミラノ経由で帰国いたしました。
出発前にはいろいろお世話いただきましたおかげでとても楽しい旅ができ本当にありがとうございました。
空港にはジャンカルロさんが出迎えてくださり無事ホテルに到着。夕食はとてもおいしかったです。
翌朝、ナオミさんともお話でき、さっそく厨房でリットリアマンマのレッスン開始。
ラビオリの他に、オッソブッコ、パンナコッタも教えてくれて、手際よく、しかもすべてを体験させてくれ
出来上がったお味も抜群のおいしさで感動でした。レシピもなく言葉も通じず、でもよくわかりました。
翌日は朝食を早めに用意してくれての出発。
駅で主人はフィレンティエヘ、私はアレッツオヘ。
列車が着くと、歌子さんがにこやかに出迎えてくださり何だかとてもうれしかったです。
マリオさんの車で、おうちへ着くとすぐに素敵なお部屋を案内してくれました。
ラファエラマンマもやはり手際よく、今度は、歌子さんの名通訳付きなので、
私の質問攻めにもお二人は嫌な顔ひとつせず答えて下さいました。
世間話もしながら、まずお菓子のスキアチャータを作り始め、オーブンで焼く間にpiciの準備。
たねをねかせている間にアリスタにとりかかる。
豚肉を結わえてローストしてから煮込んでいき香り高いハーブのソースを用意する。
お菓子が焼き上がり、トスカーナの紋章を型どり完成。
お食事の間にマンマがカスタードソースを手早く作られていました。
三品、いずれも手のかかる伝統料理なのに手慣れた様子で作りあげていく姿はさすが!と思いました。
出来上がる前に、私はお願いして美しいお庭をひとまわりして、きれいなお花を少し摘ませていただき、
日本から持参した和紙で小さなアレンジメントを作りました。
お花が何より素晴らしいので、テーブルに映えてよかったです。

こうして、念願だったイタリアの素晴らしい方がたと触れ合うことができ本当に嬉しかったです!
これもひとえに組澤さんや歌子さんのおかげと心から感謝申し上げます。
歌子さんが撮ってくださった写真をお送りしてみますね。
お土産にマリオさんお手製のワインビネガーまでいただき、お菓子とお肉もタッパーにしっかり詰めて頂戴いたしました。

お名残り惜しいほど時間があっというまに経ってしまいましたが、一生残る楽しい思い出となりました。
まだまだお伝えしたいことはありますが長くなりますので、とり急ぎ心より厚く御礼申し上げます。

お世話になりました皆様に何卒よろしくお伝えくださいませ。

2013年 6月 N様
 
 
 ラファエラ家 
 組澤様

この度は大変お世話になりありがとうございました。
2泊3日のラファエラ家とフィレンツェ、ミラノと楽しく過ごして無事帰ってきました。
心配していたイタリア語も思いのほか通じました。(と思ったのは私だけかもしれませんが…)

お部屋もきれいで充分な広さと清潔さ(さすがイタリアマンマ!)、設備もそろっていて「毛布はたんすに入っているから」とのラファエラのお言葉もあり(日本人にはチョット掛け布団(?)が薄いんですよね)快適に過ごしました。さすが日本人に慣れてる。

お料理レッスンもわがままを言って、到着日から一品スープの作り方をおしえてもらい2日目はトマトソースのニョッキ、鳥肉料理、いちじくのタルトを教えてもらいました。
今までどうも?となっていたニョッキ、ちょっとしたコツを教えて貰って是非今週末作りたいと思っています。
いちじくのタルトもおいしくて、レッスンに使ったリビエート同じ物をミラノで買って帰ってきました。レシピと共に友人にもお土産にします。

お料理中、マリオが甲斐甲斐しくお片づけをしている姿がかわいくって。
ラファエラは「いつもマリオがどこかにしまっちゃうのでわからないのよ!」って言ってましたが。
野菜(特にハーブ類!)がおいしかった。
皆さんおっしゃる通りゾエも愛らしい。あんなにキュートなシェパード初めてです。

サンセポルクロとモンテルキに連れて行って貰ったドライバーのルカ、街の案内本当に詳しくて楽しかったです。作者など色々教えてもらい、一人ならスラっと終わってしまうところ色んな発見がありました。
勿論、本命のピエロデッラフランチェスカの作品はすばらしくてアッという間に時間がたってしまいました。
マドンナデッラパルト、あんなに静かに独り占めできるなんて夢の様でした。(すぐにイギリス人のグループが静寂を破ってくれましたが…)キリストの復活も静かな中に迫力があり、見飽きない作品ですね。

歌子さんにも色々とありがとうございました。バスが中々こなくてこちらがハラハラしましたが、素敵な方でした。
ワインご馳走様でした。おいしかったです。

楽しい2泊3日をすごせました。ありがとうございました。
                                                              2012年9月 I様

 ラファエラ家 
今回は色々とお世話になりました。お陰さまで想像以上に素敵な時間を送ることが出来、非常に満足しております。

今回、オリーブオイル工場見学を強く希望しての滞在という事で、特別にオリジナルで手配までして頂けたお陰で、本当に貴重な体験をする事が出来ました。

はじめての海外生活という中で、不安等もたくさんありましたが、毎回早急に、また一つ一つ丁寧にお返事頂けた為、とても安心して迎える事ができました。組澤様の優しさに大変感謝しております。
今回の経験は間違いなくこの先の私の人生の糧になるといっても過言ではないです。本当にありがとうございました。

この滞在を通して、イタリアが、そしてイタリアの人々が大好きになりました。いつかまた必 ず行きたいと思っていますので、またご縁がありましたらその際は是非よろしくお願い致します。

また、今回バスの都合上、現地でお世話になった小山内さんにしっかりお礼も伝えられずお別れしてしまいました。ぜひよろしくお伝え頂ければと思います。
                                                         2011年11月 I様
 ラファエラ家 
その節は、大変お世話になりました。
はじめての海外一人旅、最初は、不安と期待がいりまじった気持ちでし たが、組澤さんが 私の質問に対し、逐一丁寧に応えてくださりその積み重ねによって、夢を実現させることに気持ちが固まってきたように思います。
実際、旅をスタートしてみると、想定外のことがこり、へこんでしまいそうにもなりましたが(慣れている方には何でもないことかも知れませんが) なんとか クリアできたことが、おおきな収穫になったと思います。

イタリアには過去3回、旅しましたが、団体旅行だったため、それなりの楽しさはあったものの、何か 思いが残る感じがしていました。
気に入った場所をゆっくり気が済むまで、見てまわりたい、イタリアの人の普段の生活に触れてみたい、それが今回の旅行で、すべて実現したわけです。しかも、一人旅で。ツーリストのスタッフのかたがたの、しっかりとしたサポートのおかげだと心から感謝しております。
オーストリア航空、とても快適でした。24時間前から受付のWEB CHECK INにより、行きも帰りも 通路側の席をゲットすることができおいしいワイン、安心していただけました。(^^)
ローマ、サンレモホテルでにインターネットサービスがあって、助かりました。
おすすめの、PIZZERIA行きました。すっごく美味しかったです。(入りやすくて、値段も手頃)

 そして、メインのラファエラ家、とてもよくしていただき感謝です。 ノートにも書きましたが、お互いを認め合い、いたわり合う、お二人の様子がほほえましく、そして 羨ましかったです。
お料理教室は、写真でもおわかりでしょう。楽しく、そして、はじめて目にする便利な調理器具に、感動!味は当然BUONISSIMO!
食事の最中も、私のつたないイタリア語を、何とか理解しようと、二人で耳を傾けてくださり、まさに、以心伝心でした。
イタリア語、もっともっと、がんばって いつかまた、お会いできた時に 思いのたけを伝えられたらと思っています。

300年農家、こちらも、心温まる体験でした。たくさんの動物たち、生活に密着した仕事、守り続けてこられた方々のたくましさ、
素敵な大家族に出会えて、よかったです。帰り、アレッツオまでルイジさんに送っていただき いろんなお話(歌子さんが訳してくださり)がきけて楽しかったです。また、会いに行きたい場所になりました。

ラファエラさんの、おかあさまの容態があまり良くない様子でしたので、息子さんのアルベルトさんは毎日病院に行かれてて、ラファエラさんたちも、とても心配そうでした。
帰る日は、特に 容態が悪くなられたようで、マリオさんに変わって、アルベルトさんが駅まで送ってくださいました。
よくなられること、祈っています。    2010年 E様
 ラファエラ家 
本日、無事に帰ってきました。
ラファエラさん、マリオさん、小山内さんはじめ、いろいろな方にお世話になり、おかげさまで30年ぶりのイタリアを楽しむことができました。 
教えていただいたお料理を早いうちに家で復習してみようと思います。
ワインも買って帰りましたので、それと共に楽しみます。
 いろいろとありがとうございました。
また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。
 ラファエラ家 
到着したのが午前中でしたので一旦歌子さんとマリオさんに家まで連れて来ていただいて、4人でラファエラさん手作りのパスタのランチ。午後からバスでアレッツォの街までショピング&街の探索へ。
2日目は日曜でお店が休みなのでアレッツォの街の教会など見所をめぐってからランチ。小さな街だから軽い探索にはピッタリ。
夕方から料理教室、肉料理はどれにするかセコンドはどれにするかとか聞いて下さって、作ったのが、鶏肉の赤ワイン煮(?)とフンギのリゾット、自家製の野菜をマリオさんが裏庭で焼いたものにイタリアンパセリとケッパーを刻んだドレッシングをかけたもの(美味しかった!)と、ズッパイングレーゼ。どれもすんごい量で、すばらしかったです。
ホームページ通に書いてある通りの素晴らしいアグリでした。
最近のアグリは農家の体験的なものはなくなっているようですが、規模は小さいもののラファエラ家が一番それに近いですね。
言葉が通じないのに(私が不勉強なので当然なんですが)、温かく迎えて下さって、本当に歓待してくだっってる様子が、ありがたかったです。
部屋も広く、しかも内装がとっても素敵!ご夫婦で工夫しながら作っていかれたらしいですが、とってもセンスがよくって関心しました!
 ラファエラ家 
出発前は、ばたばたした状態でご迷惑をおかけしてしまい、すみませんでした。
今回のラファエラ家の滞在は本当に最高の思い出となりました!
言葉も分からない私を本当にあたたかく迎えてくれ 気遣ってくれ、感謝の気持ちでいっぱいです。
ご家族の皆さんの素晴らしい笑顔と周りの豊かな自然にとても癒され心が満たされました。
また是非会いにいきたいです。
 ラファエラ家 
ラファエラ家もとても楽しかったです!
お料理も楽しかったし、イタリア語がカタコトしか話せない私でしたが丸3日間楽しく過ごせました。
ラファエラさんとマリオさんのコンビネーションがとてもよく、材料の準備などラファエラさんが声をかけるとすぐにマリオさんが動いて助けてあげ。とても感じのいいご夫婦でしたし、息子さんと彼女、おばあちゃんとも会えて31日のパーティはとても楽しかったです。またワインを飲みながらお庭で花火を見たこともとても楽しい思い出です。
犬のゾーエ君に気に入られたらしく、私の顔を見ると棒をくわえてきて「遊んで!」という体勢になります。
毎日棒を投げては遊んであげたせいか、2Fの部屋に行こうとすると下でずっとお座りして待っていてくれて、とてもかわいかったです。私の家には、甲斐犬がいるので犬好きがわかったのでしょう。帰る日にも車に乗ろうとすると棒を持ってやってきて、ちょっと切なかったです。
お家の近くの丘に登ったのですが、モナリザの絵にでている橋(ポンテブリアーノ)が見えなかったのが残念でした。
1月1日は午前中雨が降っていて、午後インディカトーレ村を散策しました。各家庭で鶏を飼い、野菜を作って生活している様子は昔の日本の田舎の原風景だと感じましたが、やろうと思えば私の家でもできないことはないのですよね。田舎ですから。
私のウチでは畑も田んぼもあるという話をしたら、ラファエラさんがとても田んぼに興味を
持ったようなのでマリオさんのアドレスに田んぼや花の写真を送る約束をしました。
最初はひとりで心細かったですが、言葉はあまり通じないながらも楽しかったので今度は夏か秋にまた行きたいと思いました。お世話になりました。
また歌子さんにも大変お世話になりました。不躾な質問にも快く答えていただき、また大事な年末の時間を付き合っていただき、本当にありがとうございました。
今回ラファエラさんのところに決めてとてもよかったとおもいます。
飾らないご家庭の様子がわかったし、キッチンをとても大事にして毎日使い終わると、レンジまできれいに磨きあげるのはイタリアの家庭ではどこでもやっているのでしょうか?
私は料理をするのは好きですが、レンジ台までピカピカに磨くことは1年にそう何回もなく、とても反省させられまたとても参考になりました。この経験を大切にしたいと思います。
明日からまた仕事が始まりますが、機会を作ってまたぜひ行きたいと思っています。
ありがとうございました!
  領主の館のアグリツーリズモ・ラファエラ家 




返信遅くなりまして申し訳ありませんでした。
長期の休暇後の社会復帰は難しくて、今週はリハビリ期間でした。

アグリ滞在、どちらもおかげさまでとても楽しい滞在となりました。
領主の館のアグリはそのお部屋の豪華さに驚き、お料理は両家ともにとても美味しかったです。

領主の館のアグリでは、時差ぼけと飲みすぎでお料理教室を寝過ごしてしまうというハプニングつきでしたが、お庭でののんびりとしたランチや夜散歩した時に見た、日本よりやたら派手な光りかたをするホタルを見て、とても幻想的な気分となりました。
一人で訪ねたモンテプルチアーノもとてものんびりした一時でした。
ラファエラ家では歌子さんに至れり尽くせりで大変お世話になりました。
お料理教室もとても楽しく、日本でもリコッタチーズとほうれんそうのニョッキは必ずチャレンジしようと思っています。
シエナの街も大変美しかったです。

いろいろ申し上げたいのですが、とりとめがないのでこの辺にしておきます。
とにかくおかげさまでとても楽しい休暇をすごすことができました。
 
お世話になりましたみなさまんも、よろしくお伝えください。

ありがとうございました。
 ラファエラ家
アレッツォではほんとお天気に恵まれて、とても快適に楽しく過ごすことができました。
それもウタコさんはじめ、ラファエラさん、マリオさん、カセンティーノの農家の皆さんのおかげだと思います。
今回は初のイタリア一人旅で出発前とても不安になったんですが、イタリアに着くとそんな気持ちは何処かへいってしまったかのように、存分に楽しむことが出来ました。
以前にイタリア語を少し勉強していたんですが、ここ何年も勉強していなくて、ほんとに改めて勉強しなくてはなぁと実感・・
いろいろお世話になった方に、感謝の気持ちを伝えきれないのがとても残念で仕方なかったです。
その後ローマへ移動しいろいろトラブルもありましたが(トラブルはつきものですけど・・・)なんとか帰国できました。
ほんとは日本に帰りたくなかったですけど・・ローマで久しぶりに会った友人にしきりに「帰りたくないなぁ〜」と愚痴っておりました。
今回の旅行は決して忘れられないもので、何事にも代え難いものになりました。
何はともあれ、来週から仕事、現実の生活に戻らなければいけません。
またいつの日か皆様に会える日を思って、日々がんばろうと思います。
最後になりましたが、この旅行に際し、いろいろお世話になり、本当にありがとうございました。
とても思い出に残る旅行に出来たのも、御社のおかげだと思っております。
皆様お体に気をつけてくださいませ。
 ラファエラ家
イタリア,トスカーナ,アレッツォ,ファミリーステイ,ラファエラ家 まず今回の旅を一言で表現すると、「priceless」です。
(どこかのCMのようですが)
3歳の娘を連れての旅でしたが、おそらく一生記憶に残ると思います。
決してツアー旅行では得られない貴重な体験が出来ました。
まさに思い描いていたとおりでした。

アグリプランさんについてですが、今回個人旅行での海外は初めてで、いろいろな不安があったのですが、事前に不明点についてご相談にのっていただき、しっかり前準備が出来ました。
アグリだけでなく移動の電車やホテルの相談ができたので、現地で迷うことなく順調に旅程を進めることが出来ました。
アグリプランさんには本当に感謝しています。

次にラファエラ家の皆さんもとっても優しく接していただきました。
特に娘のことを我が子のようにかわいがっていただき、とっても喜んでいました。
またお宅も清潔にしていて気持ちよく利用させていただきました。
最後の晩に、お別れしたくないと泣いた娘を見て、この旅を通して成長したのかな?と思い嬉しくなりました。

それと日本人アシスタントの歌子さんにもいろいろとお世話になりました。
挨拶程度しかイタリア語が出来ない我が家ですが、通訳までしていただいてラファエラ家の方々と問題なくコミュニケーションがとれました。

近いうちにきっとまた利用させていただきます。
そのときにはもっとイタリア語を勉強して、直接会話できるようにします。
もっとたくさんの人がこのような経験ができると良いですね。
それでは、また。
                                  M.T 会社員