アグリ・プランLINEボタン
ヴァル・デッラ・ピエヴェは2007年の7月に開業。
元はタバコ農家のお父さん、お母さんの長年の夢だったアグリ経営を会社員の息子(アンドレア)が手伝う形で実現しました。
25ヘクタールの麦、ひまわり、オリーブ畑などを所有。農業をいまでもやっている正真正銘のアグリツーリズモです。
よって、時々皆様からリクエストのある農業体験も出来ます!

アンギアーリは丘の上の小さなまち、今も中世の面影がしっかり残っています。広大な平野が広がるここは、1440年のフィレンツェとミラノの戦いの舞台。レオナルド・ダヴィンチが請け負った、1503年フィレンツェヴェッキオ宮の500人の大広間の壁画「アンギアーリの戦い」は下書きで未完のままに終わりました。今でもジョルジョヴァザーリが描いた壁画の下に眠っていると言われるもの。アンギアーリの戦い」はその後、ルーベンスによって模写されました。「アンギアーリの戦い」の製作時期は、なんとダヴィンチが有名な「モナリザ」を製作し始めた頃、ミケランジェロが「ダビデ像」を作っていた頃と重なります!中世時代を想像しながら、アンギアーリの町を散策してみませんか?
また、オプションで、ヤギ牧場見学や、季節によってはチーズ作りの見学も可能。
ストレスのないヤギから絞られて作られたチーズは、癖もなく本当に美味しい。
また、オリーブオイル搾油所を持ち、小麦からさまざまな美味しいものを作り出す、レダさんのところで野お料理教室のプラン、ワイナリー見学や、タバコ工場の見学プランもあります。
嬉しいのは、冬場でも営業していること。全館暖房システムが整った、暖かな家族とともに過ごす、本当のアグリツーリズモ体験!



アグリチェック!!

食事が美味しい ◆◆◆◆  日本人アシスタントがチェックインまで同行
お部屋が素敵 ◆◆◆◆  季節によっては農業体験が出来る
眺めが素敵 ◆◆◆◆  アンギアーリの町まで徒歩10分
アクセス ◆◆◆

ヴァル・デッラ・ピエヴェへはどうやって行くの?

             最寄り駅:アレッツォ駅

ローマからICで90分
フィレンツェからICで40分

アンギアーリはアレッツォから北東へ約27km
             アレッツォ駅から公共バスで約40分

      アレッツォ駅にて日本人アシスタントと待ち合わせ
      チェックインまで同行します


↑TOPへ

モデルプラン  ご不明な点は、お気軽にお問合せ下さい!

3泊4日モデルプラン(2泊3日のアレンジも可能です)

アレッツォ駅にて日本人アシスタントと待ち合わせ
バスにて最寄バス停まで移動
(チェックインまで同行します※オプションで、アグリ車での送迎も可能です)

  平日・・・16:30までにアレッツォ集合(アシスタントがチェックインまで同行の場合)
  休日・・・16:00までアレッツォ集合(アシスタントがチェックインまで同行の場合)

ウエルカムディナー (写真は一例となります)


3日目
朝食

★お勧めオプションプラン(どちらもアグリの送迎付・日本人アシスタントの同行なし)
 1.レダの搾油所訪問プラン詳細はオプションプランへ
  訪問+ミニレッスン+オイルテイスティング+  搾油所の小麦粉製品とチーズ、生ハムの試食
  アグリ間往復車 所要時間:約1時間半
  ※お料理教室に変更も可能です
 2.ヤギ牧場見学とチーズ作り見学詳細はオプションプランへ
  ・3〜10月は、チーズ作り見学プラン(午前中 3時間)
   作業を見学、一部ご参加いただけます
  (衛生上、白衣を着ての参加となります、白衣はこちらでご用意します)
  ・11〜2月は、牧場見学と生産されたチーズの購入等

夕刻
料理レッスン+ディナー

朝食
アグリから歩いてアンギアーリチェントロまで10分以内
城壁の中はおとぎの国のように小さくてかわいいまち

1日フリー 

郊外ドライブなどオプションもご用意しております
 −アッシジまで90km
 −グッビオまで75km
 −サンマリーノまで90km
 −ペルージャまで85km
 −バンニョディロマーニャ温泉まで45km
 −ラ・ヴェルナ修道院まで35km
   ラ・ヴェルナ修道院はアッシジのサンフランチェスコが1213年
   に建て、1224年に聖痕を受けた地であり晩年過ごした場所
   切り立った岩の上にあります
   修道院ランチやハーブ系のお土産販売が充実しています
朝食

チェックアウト
↑TOPへ


アグリの様子

キッチンつきアパートメント 2つ(食器からコーヒーまで揃っています) 他キッチンなし4部屋
それぞれのお部屋が、内装のカラーの名前となっています
(ベットは部屋別にタイプがあり、ダブル、ツイン各部屋には専用バスルームあり、サロンは共同) 
バスタブ付・小さなテラス付のお部屋もございます
バスタオル、フェイスタオル、石鹸、シャンプー、ドライヤー揃っています


朝食には自家製ドルチェ、パンと自家製ジャム、自家製ビスケット、ミルク、コーヒー、ティー、フルーツジュースなどが用意されます
要望があればサラミや生ハムやチーズの朝食も可能(別料金)

キッチンつきの部屋では、食事は自分で作ることも可能です
また、要望があれば家族と一緒にディナーをとることができます

自家製のレモンチェッロや友人が作ったグラッパやヴィンサントリキュールも味わうことができるそうです

アグリは自家製のオリーブオイルを作って販売もしています
アグリ滞在中にはオーナーが栽培している無農薬野菜を自由に収穫し料理に使うことができます
ねこちゃん、わんちゃん、うさぎ、鶏(たまご用)数十羽、アヒル(観賞用)がいます

<周辺には…> アグリ周辺徒歩圏内にあるのは、
バール(徒歩5分)  レストラン(徒歩10分)  スーパー(徒歩5分)  バスチケットの購入できるタバッキ(徒歩5分)
<冷暖房>
暖房は、自分の森から伐採した木を焚いています
夏場のエネルギーはソーラーシステムです
メインの暖房は常についています
自分の部屋で温度を調節できるようになっています
その他お勧めのすごし方
 アンギアーリには、リネン類で有名なブザッティ本店があります。アグリから徒歩で移動出来ます

●公共の交通機関で出かける
 ◎バスを使って、ミケランジェロの生家があるカプレーゼ
   ミケランジェロ村へ (片道バス乗車時間約25分)
  バス時刻表:http://www.etruriamobilita.it/orari/SI392.pdf
  現在は生家はミケランジェロ博物館になっています。
 ◎バスを使って、サンセポルクロへ(片道バス乗車時間約12分)
  中世画家ピエロデッラフランチェスカ生誕の地
  市立美術館には有名な数点の作品があります



オプションプラン

1.レダの搾油所訪問プラン 


レダは家族と一緒に、農業会社を経営。小麦粉、オリーブを栽培し、オリーブオイル搾油所を経営しています。

農業会社の小麦粉を使った製品は、地域の産直市で売られ、これが大好評!月一回の産直市で、レダのおいしいパンを購入して、冷凍保存、解凍しながらひと月持たせるお客さんも居るそう。
スーパーのパンに比べ値段は少し高めですが何しろ、彼女の小麦粉は抜群においしいので、粗末にせずに、食べきることができてうれしいと言われるそう!

★お料理教室プランに変更の場合(モデルプラン)
 レダのプランをお料理教室に変更することも可能です
 以前行われた内容は下記の通り!小麦集中コースにアレンジも可能です

 ◆レッスン内容 
  1)自然酵母を使ったトスカーナパン
  2)アンギアーリの手打ちパスタ・ブリンゴリと伝承ブリンゴリソース
  3)オリーブオイルで作る甘いタラッリーニ
まずは、発酵に時間がかかるパンから始めます。上の2枚目がが、マードレ(自然酵母)
あるパスティッチェリアから分けてもらったマードレを絶やすことなく、使い続けています

ここの農業会社で生産される小麦粉を含め、材料を揃えたら、パンを練り始めます、どのように酵母を加えていくか
練り方をどうすればよいか、またそれはどのぐらいの時間か細かく、レダが、教えてくれます
練り終えたら、形成し、発酵
この日は、一人当たり500gの粉から、2種類のパンを作りました
・トスカーナパン(写真2枚目) ・スティンコ(写真3・4枚目)

トスカーナパンを作るお料理教室はここだけ!
同時にパンを焼いていきます!
そして、搾油所の上質なオリーブオイルを使ったドルチェ・タラッリーニ
お店の商品ともなっている甘いタラッリーニを習いました!
シンプルな配合ですが、レダが研究を重ねて商品化した大変貴重なレシピです。ドルチェは、特に、配合が命!
タラッリーニの形を、てきぱきと作って行きます。とっても充実したレッスンになりました
イタリアは主食がパンです。粉を使った料理はパンを始め、プリモピアットでも、多いもの。
もちろん焼くドルチェとなると、必ずと言っていいほど粉を使います。
プロから習う粉とオリーブオイルを使ったレッスン充実感たっぷりです!

2.ヤギ牧場見学とチーズ作りプラン(3〜10月 11〜2月は牧場見学のみとなります) 
人里離れたアンギアーリの山奥に、ヤギの酪農家が住んでいます。
その方は、ブレントゥさん。
アメリカ人でもう長いことイタリアに在住しています。イタリア語もバリバリ。

現在66頭の雌ヤギと、種付け用の雄ヤギ1頭の世話をしています。
ヤギの品種は、Camosciate delle Alpe(カモシアーテ デッレ アルペ)の一種です。
施設内は、酪農場特有のキツイ臭さが感じられませんでした。とても綺麗にされていて、これもヤギに対するオーナーの愛情が感じられます。その結果として、臭みが一切無い「これが山羊のチーズ??」という感じの、のど越しがやさしい(いやな酸味を感じない)チーズを14種類も造り出します。
11月〜2月までは、母山羊は出産を控えているため、チーズ造りは行なわれません。熟成チーズは販売しています。
チーズ作りめは、3月から10月まで。休み無しでチーズを作ります。乳搾りは、一日2回、早朝5時と夕方5時で、毎日午前中がチーズ作りとなります。その作業に、参加できます
(衛生上、白衣を着ての参加となります、白衣はこちらでご用意します)
アグリに泊まりながら、山羊のチーズ造り参加(午前中3時間)総計14種類のチーズを造ることができますが、一回のご参加で14種類は造りません。その日(その時期)によって、製造数、製造チーズが、変わりますので、予めご了承下さい。
なかなか楽しい、貴重な体験プランです。

お客様からのご感想

この度はアグリツーリズモ滞在の件で大変お世話になりました。
妻も私も貴重な経験ができ、大変満足の行く旅行となりました。
アグリのご家族(ヴァデロさん、ロレッタさん、ベッピーナさん)、料理教室のレダさん、また、ご一緒させて頂いたSさんとTと、皆さんにとてもよくしていただき、
短い間でしたがトスカーナのゆっくりと流れる時間を肌で感じることができました。

                                                       2014年6月 H様ご夫妻

料金等お気軽にお問合せ下さい!お問合せはこちら→